くまを治す方法|目の下がきれいになった簡単な方法について

目の下にクマができて困る

本日は目の下にできるクマについてのお話をさせていただきます。

 

毎日の仕事が忙しくて気がついたら目の下にクマができてしまっていたと言うことがあると思います。

 

今までは平気だったのにクマができると先ずは自他共に見た目の印象が悪くなります。

 

特に毎日人と顔を見合わせる営業職の場合には印象もそうですが、相手に心配をかけてしまう場合があります。

 

『この人は体調は大丈夫なのだろうか』と思わせてしまう場合もありますし、特に初対面の人と会った場合には自分は何も悪いことをしていないのに見た目の印象でなぜか生理的に判断をされてしまって商談が上手く行かない場合もあります。

 

そして特に女性の方にとっては毎日メイクをして出勤をするのに目の下にクマがあることで普段よりもメイクに時間がかかってしまいますので早く起きなければならなくなります。

 

ですので健康的、精神的な面のためにも目の下のクマは早く治しておきたいものです。

 

目の下にクマができる原因

 

目の下のクマの原因は複数に渡ります。

 

特にストレスや疲れ、甲状腺関係の病気に関連する深刻な物もありますが、それ以外に病気とは関係がない原因で目の下にクマができてしまう場合がありますので、そのことについて触れておきますと、クマの種類には大きく分けると3つありまして、茶グマは色素沈着が主な原因になります。

 

また青グマは血行不良な主な原因となり、黒グマは皮膚のたるみやへこみが原因になります。

 

次に各々のクマの原因についてお話をさせていただきますと、まず茶グマの中でも表皮レベルの場合には主な原因は色素沈着になります。

 

これは昨今強まっている紫外線によって受けたダメージと、更に目を擦り過ぎることが原因で色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

 

そしてアトピー性皮膚炎ですとか乾燥肌によるかゆみや化粧品のかぶれが原因になることもあります。また青グマにつきましては、目の周りにはたくさんの毛細血管がありその分だけ血液が流れているのですが、青グマとは通常は正常に流れている血液の流れが滞ってしまい、目の周りにの薄い皮膚のの下に血管が透けて見えてしまっている状態のことを言います。

 

そして青グマの原因は冷え性やホルモンのバランスの乱れ、生活習慣、疲労、睡眠不足、目の疲れなどが挙げられます。

 

特に最近ではスマートフォンの普及による目の疲れが原因で青グマになってしまう方が増えていますので注意をする必要があります。

 

また黒グマにつきましては2つの原因があるとされています。まず1つ目には生まれつき目の下の脂肪が少ない場合です。

 

もしくは年齢を重ねた中で目の周りの脂肪が萎縮してしまった場合または皮膚のたるみのせいで影が目立ってしまっている場合です。また2つ目の原因は加齢によって目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉が緩んでしまうことで突出してしまうことでのたるみができ、その下にへこみができてしまう場合です。

 

更に言いますと茶グマと青グマの混合した物や茶グマと黒グマの混ざったタイプもありますので、各タイプに応じて対応策を考えましょう。

 

目の下のクマの対策と解決方法について

目の下にできたクマの対策と解決方法についてのお話をさせていただきます。

 

まず最初は青クマについてですが、青クマの原因は血行不良によって引き起こされます。ですので血行不良を治す方法を考えなければなりません。

 

ではもう少し遡るとどうしたら血行不良を改善することができるかと言うと睡眠不足、疲労、ストレス、眼精疲労などが原因になりますのでこれらを解決しなければなりません。

 

ですので血行促進を促すために半身浴をして体を温めたり血の巡りを促進させるために青汁を飲むと良いでしょう。また茶グマの原因と解決方法につきましてはメインとなる原因が色素沈着になります。そしてさらに色素沈着の原因を遡ると乾燥が原因のケースがあります。

 

そして乾燥の原因には加齢や肌のターンオーバーの乱れがふだん肌のバリア機能の役目をしている皮脂や天然保湿因子、そして細胞間の脂質の量を減少させてしまいます。

 

また洗顔やクレンジングをゴシゴシと擦りすぎて行ってしまうと肌表面の皮脂が減少してしまって乾燥肌の原因となってしまいますので、特に女性の方においてはクレンジングの方法をこすらずに指の腹で顔の表面をなぞるように洗ったり必要以上にウォータープルーフの商品を使わない様にすることが一番のケアになります。

 

最後に黒クマの治し方ですが、黒クマは目の下の筋肉のたるみや目の下のくぼみにできた影になりますので目の周りのくぼみをふっくらさせることで目立たなくなります。

 

因みに目元の筋肉は一度弛んでしまうとなかなか回復させることが難しいので早めにケアをすることが大切になります。そして具体的なケアの方法といたしましてはエイジング専用のクリームを使用して、目元にハリを持たせる方法がお勧めになります。